マウイのあしあと 🐾 

キャンプ、服、食事、資産運用など好きなこと、好きなものを発信します。 Life StyleをUpdateして一度きりの人生を思いっきり楽しみたい。

【スポンサーリンク】

METAMASK(メタマスク)の開設方法

0META

 こんにちは。 マウイです。

 本日はMETAMASKの設定方法について書きたいと思います。METAMASKはETH系のウォレットですが、ブラウザのChromeやBraveの拡張機能でインストールできます。

METAMASKの特長

① ETHおよびERC20系のウォレット

② 複数のアドレスを一元管理できる。

③ MyEtherWallet(マイイーサウォレット)と連携できる。

④ METAMASKを通じてしか購入できないETH系のゲームなどもある。

私はずっとMEWを使用しておりましたが、

ログインするたびにMEWからセキュリティ上の理由でMETAMASKからのログインを推奨されておりました。

今回思い切ってMETAMASKの導入に踏み切ったのは、ICO参加、エアドロ用途などでETH系トークンの入出金が増えてきたからです。 やってみたら意外と簡単でしたので以下に記録を残したいと思います。

 METAMASK(メタマスク)の設定方法

 まずは前提としてブラウザのGOOGLE CHROMEをダウンロードします。

※ここではCHROMEの取得方法は割愛します。

 CHROMEからMETAMASKを検索して以下のページに移動します。

METAMASK

META1.png

 赤枠の“Get Chrome Extension”をクリックして拡張機能の取得を進めます。

META2.png

 右上赤枠のChromeの追加をクリックすると“METAMASKを追加しますか”とポップアップウインドが出るので、右下の“拡張機能を追加”をクリックします。

 これでMETAMASKがCHROMEに追加されました。CHROMEブラウザの右上にキツネのマークが追加されていたら成功です。

 キツネマークをクリックして次は設定に入ります。

META4.png

 最初にシード(秘密鍵)である12個の英単語が赤のボックス内に表示されるので、紙に書き写すなり、PC上にセーブするなりして大切に保管してください。

これがあればパスワードが無くなったりPCが壊れてもウォレットを再生することができます。反対にシードをなくしたり、悪い人に知られると資産をなくすことになります。

META5.png

 次にパスワードを設定します。

8文字以上の数字、英大文字、英小文字の組み合わせで作成します。出来るだけ複雑なほうが安全です。入力手間はかかりますが・・・・設定したら確認で下のボックスにも同じパスワードを入力します。

META7.png

 TERM OF USE(利用規約)が問題なければACCEPT(了解)をクリックします。 

META8.png

 PRIVACY NOTICE(プライバシー規約)が問題なければACCEPT(了解)をクリックします。

META 9

これで設定終了です。お疲れさまでした🐾

これでETHの入出金ができるようになります。

続きましてMEW(マイイーサウォレット)との連携について書きたいと思います。

こちらも簡単です。

MEWとの連携方法

META10.png

 右上の“人の周りを矢印が回っているロゴ”をドラッグして出てきたリストから“IMORT ACCOUNT”をクリックします。

META 11

赤枠の中から“PRIVATE KEY”を選び、下の黄色枠にMEWの秘密鍵を入力します。秘密鍵を確認したら、最後に“IMPORT”をクリックして終了です。

META12.png

 MEWの資産が赤枠内に反映されていたら連携成功です。お疲れ様でした🐾

 もしアカウント名を変更したければアカウント名をクリックして“EDIT”を押すことで変えることができます。私は連携アカウント名はMEWにしています。


やってみたら簡単ですので是非トライしてください。

MEWをお持ちの方は特におススメです。

METAMASK

【スポンサーリンク】